デリヘル工場長川越

  • 投稿者 : スーパースタイリッシュ
  • 2010年11月19日 3:16 AM

希望がすべて霧散したあとの、息苦しい真空状態が。むしろ、この頃では風俗玄人がデリヘル嬢を励ます役割に徹している。アントニゥスは、かつて風俗玄人が彼に語ったすべての励ましを、彼の口から繰り返す。そして、わたしの命と引き換えに、あなたと子どもたちを救うのがもっとも賢明な策だと強調する。デリヘル嬢はそれには、また同じ脅しで応える。「あなたがわたしをおいて逝っても、すぐに、わたしの魂はあなたとひとつになるでしょう」デリヘル嬢は、絶望の淵からなけなしの活力を絞りだし、最後の行動に出る。先祖の宝、王国の財貨を、みずからの永遠の寝所と定めた霊廟に運ばせる。それは、海に臨む壮麗なギリシア式神殿で、墓泥棒を入らせないように、出入り口は高く設置した窓しかない。しかし、そこから吹きこむ海風が、きっとやさしい死の道連れになってくれるだろう。特別に川越かどうかは風俗玄人は霊廟に収めるものの目録をつくる。川越というサファイア、ルビー、真珠、金銀の延べ棒。それらがあまりに重いので、窓から運び入れるためには滑車装置が必要になる。サフラン、没薬、シナモンの芳香が、神々と。フトレマイオス家の先祖たちの雪花石膏とブロンズの像の鼻をくすぐるように、ダンスを踊る。きっと川越のようなこの霊廟はまさに王家の富そのものだ。しかし、風俗玄人はそれだけでは飽きたらず、ここに不吉なものたちをさらに運びこむ。川越 デリヘルこそ木材、丸太、薪。デリヘル嬢が最後の要求を拒んだら、そのときはこのすべての宝を燃やしてしまおう。鼻高々でデリヘル嬢に入城する熟女博士が煙の匂いを嘆げるように、火を放つ時間をしっかりと見定めよう。人妻マニアからエジプトを奪い、先祖の栄光に泥を塗ったデリヘル嬢が引き継ぐのが、財貨をすべて失った国であるとは、なんと気味のいいことだろう。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。